スポンサーリンク



毎月赤字だと、ボーナスないと厳しいときってありますよね。

家族4人でも赤字、独身男性1人でも赤字。

質問:毎月赤字の家計です。ボーナスはありません

手取りは30万円でボーナスは無しです。4人家族です。

子供は二人でそのうちの一人は幼稚園に通っています。

下の子はまだ小さいのでもう少しだけに働くことは考えていません。ただ毎月家計がきつくてどうしているのか迷っています。

毎月赤字になるので私も働きに早く行けばいいのですが。

ボーナスがあれば毎月の赤字ボーナスで補えばいいのですが、ボーナスがありません。

アパート代6万円
食費4万円
水道光熱費2万5000円
車のローン2万円
ガソリン代2万5000円
通信費25000円
生命保険料1万5000円
学資保険1万円
小遣い2万円(旦那)
学費3万円
日用品1万円(おむつ込み)
洋服1万円(家族分)
遊び代1万円

子供がまだ小さく楽しい思い出を作りたいので遊び代は1万円を確保して、週末は家族で遊んでいます。

子供だけなら公園で十分なのですが、旦那がお出かけ好きで、車に乗って遠くに行きたがります。

なのでガソリン代も高いです。

ボーナスも出ないので毎月貯金どうしている状態です。

車検などがある時は本当に大変で、 ただただ独身時代に貯めた貯金が減っていくばかりで結婚してから随分私の貯金が減ってしまいました。

どのようにすれば上手く赤字にならずにやっていけるのか教えてほしいです。

アドバイス:ほかを引き締めて学資保険を増やした方が

子供達は社会人で独立しています。

子供が小さい時は、私の家も毎週のようにに出かけていました。

天気の悪い日にはショッピングセンターに行って、フードコートで食べて、夕ご飯もついでに総菜を買っていくような感じでした。

ただやはり子供との楽しい時間は戻ってこないので、あの時いっぱい遊んでいてよかったなという気持ちが強くあります。

その反面もう少し家計を引き締めておけば、今そんなにお金のことで苦労しなくてもよかったのかなと反省するときもあります。

今を楽しみながら、今から準備できることを始めておくのも大切だと思います。

食費やガソリン代、通信費、洋服代を引き締めることができそうですよ。

学資保険は1万円だと足りないかもしれません。

うちの場合はボーナスがあったので、ボーナスのほとんどは学資保険と家のローンにしていました。

将来の道はわかりませんが、うちの場合は一人500万円貯めることによって、子供が行きたい道に行くことができました。

質問:ボーナスなしなので赤字になるときがあります。家計判断をしてください。

29歳の独身男です。
毎月給料でもらった分ぎりぎりで生活していて、結婚式などがあると赤字になります。

赤字にならないように貯金をしたいのですが、どこを削ればいいのでしょうか?

収入:手取り30万円。ただしボーナスなし
支出:
家賃8万円
水道光熱費1万円
携帯代1万円
食費10万円
日用品1万円
交通費2万円
被服費2万円
飲み代2万円
趣味2万円
旅行2万円

アドバイス:食事と飲み代

食費が一人で10万円は多すぎます。

あなたの体型が分かりませんが、見直すのはまずは食費だと思います。

食費とは別に飲み代が2万円ありますね。

ここは見直せないのでしょうか。

あなたの健康のためにも食費や飲み代は削ったほうがいいかもしれません。

外食が多いのでしょうか?

毎日自炊するのが大変だと思いますが、ご飯を炊いたりサラダを作るのは簡単なので始めてはいかがでしょうか。

そのうち野菜炒め何度簡単な調理もやってみるといいですよ。

アドバイス: 全体的に贅沢

全体的に贅沢をしている印象の家計です。

まずは各項目を2000円ずつ削るのはどうでしょう。

それになれたら各項目を5000円ずつ削るようにしてみるといいです。

被服費が毎月2万円となっていますかブランドものを購入しているのでしょうか。それとも何着も購入しているのでしょうか。

クローゼットに収まる数量、靴もう靴箱に入る数だけに収まるようにします。

また一着購入したら一着捨てるようにすれば無駄遣いも減ると思います。

独身なのでまだお金をかけることができると思いますが、結婚して家族が増えれば、この手取りのなかで家族を養っていくことになります。

将来家を購入するのであればその資金も必要ですし、将来安定した職業に転職する際には、 無職の期間があるかもしれないのでその時のために貯金が必要です。

家賃はすぐ引っ越すことができないと思うので、 まずはじめに見直すべきところは被服費と食費、飲み代です。

朝食は食パンにして、夜は炊飯器で炊いたご飯とスーパーのお惣菜にすれば、ずいぶん家計がすっきりすると思いますよ。

スポンサーリンク